日常性7

 

東京では久々に雪が降っている。今年はもう降らないかな、とここ数日呑気なことを思っていたら、帰宅命令が出るくらいには降った。ビルの窓から見える外の雪は斜線を引くように流れ、過剰からくる諧謔のように見えて笑うしかない。そうやって一先ず笑っていられたのも一つの路線を乗り換えるときまでが限界で、その線を超えてしまったと気付いたのは、私が車両に乗っている列車が輸送に手をこまねいていたときだった。情報が実感となった。つり革をあと何十分捕まっていればよいのだろうか。車内放送とインターネットによれば僕の向かっている先では、ホームで人が溢れているという。溢れているから到着できないという。当然、到着しても溢れるからだ。一駅、一駅、着いては数十分止まる。おそらく乗るタイミングが一番悪かった時間帯だった。幾つかある帰宅経路の中で最悪なものを選んでしまったと思った。今更乗り換えるのもなんだか癪で、ただ耐える。漸く噂の溢れたホームに到着してみると、線路に投げ出されてはいないものの、ホームへの階段は人が沢山。駅が地上なものだから、今日の風は屋根などお構いなし。僕らの頭上に雪を運んでくる。身体は冷え切りこんなに人がいても、いやそれゆえに、なんとも侘しい風景だった。とろとろと人を運ぶ、列車を二本見送り、ようやく乗れると思った頃にはもう、心身ともに草臥れていた。車内に詰め込まれると、草臥れた、なんて言っている暇もなく、我こそは、と押し合いへし合い、片手をつり革に掴んだまま、バランスゲームさながら、身体がよじれる。駅に着くたびに一度しまったドアが開き、また閉じて、また開く。酷いときには5回繰り返された。最寄り駅に着く手前でもう限界、腰が横に曲がった状態を維持しているものだから痛くてしょうがない。あと一駅が無限のように感じる。疲労だ。駅について一息つきたいと思って喫茶店に入ったが店員さんが言う。今日は閉店とのこと。気が付かなかった。どこもかしこもおかしい。本当に疲れているときは誰もが僕だけが一番疲れていると思ってしまう。何故なら本当に疲れているからだ。東京に住んでもう20年、残りの6年も東京ではないまでも都会であることには変わりがない。そろそろ都会を出たいとも思うが、これも同様に自分が一番疲れていると感じてしまうことと同じことならば、もうどこにも住む場所はないのかもしれない。今日も仕事。そんなことはお構いなし。西部邁が死んだという。吉本の時もそうだったが、いつでも一人の思想家が死んだということはなんだか寂しいことのように感じる。こんな時間に家の窓の外から見えるのは、ビルの外から眺めていたものとは全く違ったもののように見える。僕にとって今日の雪はそんな感じだった。それは虚しくもあり羨ましくもあった。

 

kokowa

 

余りにも書くことがないため、kokowaで作成したものを貼り付ける作業をします。

 

f:id:torus-torus:20180111204321j:plain

 

 

 

f:id:torus-torus:20180111204256j:plain

 

 

 

f:id:torus-torus:20180111204307j:plain

 

 

 

f:id:torus-torus:20180111204228p:plain

 

 

 

f:id:torus-torus:20180111204216j:plain

『論理学研究』エドムント・フッサール_序論_(1)

 

備忘録ということを踏まえて簡潔に書いていければと考えている。タイトルにあるように、ここでは『論理学研究』の序論で語られていることの概要をまとめていこうと思う。まったく個人的なことではあるが、最終目標として、ジャン=リュック・マリオンの『還元と贈与』への理解につながればと考えている。ゆっくりやっていこうと思う。このペースでやったら一生かかりそうですが、生暖かい眼で見守っていただければ幸いである。

 

■原典

エドムント・フッサール(1968)『論理学研究』(立松弘孝訳) みすず書房

 

 

『論理学研究』の序論は以下の3つで構成されている。

・第一節 論理学の定義とその諸理論の本質的内容とをめぐる論争

・第二節 原理的諸問題を改めて究明する必要性

・第三節 論争問題。取るべき道

 

■ 第一節 論理学の定義とその諸理論の本質的内容とをめぐる論争」

フッサールは、以下のJ.Sミルの『論理学体系』を引用し、"論理学"が抱えている問題の呈示から始める。

 

「多くの著者が論理学の定義に用いた方法や論理学の細部の論じ方には、彼らの間に大きな見解の相違がある。このようなことは、異なる観念を表現するのに同じ言葉が用いられているような論題については当然予想されることである。」

 

フッサールは現状の"論理学"がJ.S.ミルの時代の"論理学"が同じ姿であるとはいわないと留意しつつ、未だ解決に至っていないというのがここでのフッサールの見解である。

 J.S.ミルの『論理学体系』が世に出たのは、1843年であるから、フッサールの『論理学研究』(1900年)との間は50年以上に及ぶ。

 

続けてフッサールは"論理学"について、三主要傾向として”心理学主義的”、”形式的”、"形而上学的"の3つを挙げる。問題となっているのは、"論理学"とは何かという未だ定まらぬ定義と論理学の射程である。この3つの陣営でも一致しないこと、また、最も活発であり多数である、心理学主義的論理学についても、この学内での目標と方法が示されるに留まっており、"論理学"とは何か、という統一的な見解、としての"現代論理学"は未だに解答がない、というのが、この『論理学研究』の序論の「第一節 論理学の定義とその諸理論の本質的内容」である。

 

これらを受けて、「第二節 原理的諸問題を改めて究明する必要性」に続く。

 

■第二節 原理的諸問題を改めて究明する必要性 

論理学はこのように個人的な確信と、一般に承認せざるを得ない真理とを区別できかねる状態にあるので、原理的な諸問題への帰還は依然として常に新たに着手されるべき一つの課題である。 

 

フッサールの関心は"論理学"とは何か、また、"個人的な確信"と"一般に承認せざるを得ない真理"の<差異-非差異>というところから開始されている。

 

そして、フッサールは論理学のこうした現状から、学問へと領域を広げ、こう語っている。

 

ところである学問の諸目標の捉え方はその学問の定義のうちに表現されている。勿論ある学科の実り多い研究にはその領域の十全的な概念規定が先立たねばならない、と言うつもりはない。ある学問の種々の定義はその発展の諸段階を反映するものであり、学問と共に、その諸対象の概念的特性の認識やその領域の限定と位置づけの認識も、学問の発展につれて進歩するものである。しかしその逆に定義の適合度や定義に表明される領域の捉え方の適合度も学問そのものの歩みに影響を及ぼすのであり、この逆影響はそれらの定義が真理から逸脱する方向に応じて、学問の進歩発展に大小さまざまな影響を与えうるのである。

 

フッサールはここで何らかの<絶対的/客観的/真理的な"学問">を想定していることは間違いないように思われる。

 

一つの学問の領域というものは客観的に完結した統一体(eine objektiv geschlossene Einheit)であり、真理の領域をどこでどう限定するかは、われわれの恣意にゆだねられてはいない。

 

 しかしながら、学問の射程または、それを捉える際になお間違える可能性というものがあるがゆえにフッサールはそこへ到達すべくなすべきであるというのがフッサールの見解である。

 

■ 第三節 論争問題 取るべき道

 

まずフッサールは「論理学の限定に関する伝統的な論争問題」を4つあげたうえで、それを批判し、一つの方法を選ぶ。

 

(一) 「論理学は理論的な学科であるのか、あるいは実用的な学科(<<技術学 Kunstlenhre>>)であるのか。 」

 

(二) 「論理学は他の諸学から、特に心理学や形而上学から独立した学であるかどうか。」

 

(三) 「論理学は形式的学科であるかどうか、換言すれば、通常理解されているように<<認識の形式のみ>>を問題にするのであろうか、それとも認識の<<質量>>をも考慮すべきであろうか。」

 

(四) 「論理学はアプリオリな論証的学科の性格を有するのか、それとも経験的帰納的学科の性格を有するのであろうか。」

 

フッサールはこの論争に参加することが目標ではないとし、「しかし、本来ここには二つの党派があるのみである。」としている。

 

(一) 論理学は心理学に依存しない理論学であり、それと同時に形式的論証的な学科である。

 

(二) 論理学は心理学に依存する技術学であり、したがって論理学が、反対派が模範とする算術学と同じ意味で、形式的論証的学科の性格を有するというような考え方はおのずから排除される。

 

ここでフッサールが選択したのは、(二)である。

 

現在殆ど一般に承認されている技術学としての論理学という規定を出発点として、その既定の意味と権利を確立することにしたい。当然それにはこの学科の理論的根拠についての、また殊に心理学に対する関係についての問が結び付いている。

 

 序論の最後にフッサールは、

 

この点に関するわれわれの研究成果は<学問的認識のあらゆる技術学にとって最も重要な土台を成し、アプリオリな純粋論証的学の性格を備えた、新しい純粋論理学>を析出したことである。これこそ、カントその他の<<形式的>>ないし<<純粋>>論理学の代表者たちによって志向されながらも、その内容や範囲を正しく把握され規定されなかった学問である。

これらの考察の究極的成果として、論争の的となったこの学科の本質的な内実に関する明晰に描き出された理念が得られ、またそれによって<提起された論争問題>に対する明晰な立場がおのずから与えられたのである。

 

 として結んでいる。『論理学研究』で見出された、 <学問的認識のあらゆる技術学にとって最も重要な土台を成し、アプリオリな純粋論証的学の性格を備えた、新しい純粋論理学>とはなにか。

 

2018年

 

明けましておめでとうございます。人間はメタ時間により年を越します。 最後まで改行なし。タイトルに反して2017年の簡易な振り返りが主。 年明け最初に観たのがyoung magicで、ずっと待ってたのですが、ようやく。狭いだろと思ってたのですが、やっぱり狭くて、もっと大きいところでやってもと思ったのですが、その閉塞した場がなんともいえぬ彼らの呪術感と解けており、開始早々、メラさんが両手を前方に上げて、手の裏を返して、空間を裂くように、また、虚空を貫くような眼光であの音と映像なのだから、滾る以外の道は途絶えたのだった。今年も1月28日に来日するそうなので、行ける方はぜひ。僕はもう一つがあるので今年は観れない。残念。あとは二つの哲学のシンポジウムに行けたのは大きな収穫かなと思います。僕みたいな素人でも参加できるシンポジウムがこうして開催されていることが嬉しい。今年はピエール・クロソウスキーのあれがあるそうなので、ひょこっと行こうと思います。ブログでも書きましたが、夏の休暇で一人、京都に行った。なぜか修学旅行などでは京都に行くことがなかったので、人生初京都となりました。全部書きたかったのですが、なんだか途中で書けなくなってやめてしまった。とても良い旅でした。記憶が少しでもあるうちにいつか3日目を書きたいと思います、、、。あとはブログに書けなかったのですが、大好きなslowdiveを観ることができた。高校生の頃、二枚目のアルバムのsouvlakiに衝撃を受けた小生はそれこそ擦り切れるくらいずっと聴いていた。僕にとって彼らの音楽は天界の音であり、何処までも天空を貫く音だった。再結成してから、もしかしたらといつかと思っていたのですが、フジロックで二度来日して、なんで単独公演がないんだと嘆いていたのですが、ある日渋谷駅の入り組んだ地下の構造を通っていたら、slowdiveの単独公演のポスターが貼られていて、視線に入った瞬間に感極まり、僕はちょっと泣きそうになっていた。ポスターはメンバーのアーティスト写真なんだけれど、なんか家族写真というか全然覇気がないんだけど、slowdiveの全てを包むような優しい空の音のようでありなんだかほっとしたのだった。最高だった。なんだかあまり語ると逃げていきそうなので、取っておこうと思います。あとはいろいろありましたが、そのいろいろは僕だけが。後はほんの少しでも力になれれば。今はヴィトゲンシュタインフッサールを読みなおしています。クリスマスだろうが、正月だろうが読んでいます。敬虔です。書けるかわかりませんが、近いうちに、ちょこちょこ書いていこうかなと思います。足し引きして毎年変わらず虚無のような気がしますが、気のせいだろうか。今年は誰の眼に映っても良いことがあるといいなと欲に塗れておる。どうやったらそうなるかよくわかりませんが漠然と、2018年はもうちょっと学的になれたらなと思います。仕事のことを書かないのは相変わらずシンドイ以外の感想がないからです。。。年明け早々忙しくなりそうで、もう勘弁。このままでは虚無こそが普遍であるというのが人生のあれになってしまうので、なんとかせねばね。。。すべて、粛々と。

 

f:id:torus-torus:20180102035210j:image

年の瀬

 


色々あり過ぎてあまり思い出せない。

笑ってしまうくらい、人生とは人生だ。
3日までに何か書ければと思っています。

Nous n’avons d’autre possibilité que l’impossible.

ただ、一つだけ言えることがあるとすれば、
ヨイオトシヲ。
皆、幸多き一年であることを祈っている。

 

 

f:id:torus-torus:20171231185250j:image

終わりなき対話シリーズ

こればかりは多分引き寄せられているのだとしかいいようがないのですが、ブランショの終わりなき対話Ⅲが売っていたので買いました。これで全部揃いました。うれしい。なんでかよくわからないのですが、終わりなき対話を買おうと思って本屋に行くわけではないのですが、たまたま本屋に行くと発売していて、すべて発売日一週間以内に買えているのちょっと感動。まぁそれなりに本屋には足を運んでいるのでそれもそうか。毎回条件反射的に本棚から手に取って、気付いたらレジに並んでいる。読む。ヴェイユ論をあのテンションで書いておいて難ですがⅡをまだ読み終えていません。。。こうして日本語で読めること、訳者の方々には本当に感謝したい。

 

f:id:torus-torus:20171126234656j:image

エンドレス・ポエトリー / アレハンドロ・ホドロフスキー

 

<ネタバレなのかよくわからないけれどそういうのを避けたいならば読むべきではない>

 

 

「人生なんてお荷物だ」

88歳になっても序盤から暴力と暴力みたいな映像。はりぼての現象と自我の狭間で揺れる、若きホドロフスキー

ビールを普通のジョッキで一杯頼む若きホドロフスキーを横に置いて、「2リットル」といって2リットルのジョッキでビールを豪快に飲み干し「あんたたちはただの無よ」と言い放つ悪魔みたいな孤独の詩人ステラに惹かれながら、アマチュア芸術家集団と詩人エンリケと共に仮面の他者と自我でさえも反射でしかない限界線を破壊する。「詩とは行為である」。従兄弟の家の庭で木を斬り倒そうとすることは、直接的な言葉の使用ではなく、比喩のようであり、それはある種の詩人としての萌芽だったりする。ホドロフスキーの映画の中で一番笑った気がする。何があっても直進する詩人、アマチュア芸術家集団の、超絶ピアニストだといって紹介されたあのピアノをハンマーでぶっ叩いたあとに蹴っ飛ばして破壊して尚、倒れたピアノを打鍵し続けるシーンは笑った。波止場。自分も親父に許すと言いいたい。もし何かの負い目を感じているならば。7歳の時に僕の前からいなくなった、もう生きてるのか死んでるのかもわからない親父に僕もそう言いたい。そもそも僕の中では最後までかっこいい親父だったのだから許すも何もないのだが。「その存在は、完全な光」殆ど形而上学を見ているようだった。はじめてホーリー・マウンテンを見たときの衝撃は今でも覚えている。大好きなゴダールと共に、じいちゃんになっても僕の限界線を破壊する孤独で愉快なじいちゃん。ホドロフスキーに行かないでと止める友人たちのように、開いている柵にしがみつくのはもうごめんだ。