Le 9 septembre 2017

 

アーレント研究会 第16回大会

シンポジウム 哲学と政治

   -フランス・イタリア思想におけるアーレント

Le 9  septembre 2017

慶應義塾大学 三田キャンパス 西校舎519教室

  

 

ハンナ・アーレントについて殆ど知識がない。

学者でも元学徒でも何でもない一般人の雑感故、「間違っている死ね。」と言われればこの記事を消去します。

 

3者と聴講者から発せられたものについて、あるいは空間による、雑記。

 

s氏が引っ掛かったといっていたリクールの留保。活動の「多数性」の免れなさ。

 

 

ある人々が活動し、別の人々がそれを被る(que les uns font l'action et que les autres la subissent)ということを含意している 。人間とは、行為者であると同時に犠牲者でもあるのだ(Les hommes sont à la fois des agents et des victimes)

 

k氏がナンシーを引用するように

 

アーレントが「人間の複数性[pluralité humaine]」についての考察によって行った、特異な寄与を思い起こさなければならない」……

 

※考えるという行為の複数性...

「人間の多数性(human plurality)は活動(action)と言論(speech/parole)がともに成り立つ基本的条件であるが、平等(equality)と差異(distinction)という二重の性格をもっている[……]人間の多数性とは、唯一存在の逆説的な多数性である」

 

権力(power/pouvoir)ではないものとして、非-暴力(non violence)としての、善としての活動(action)を称揚することにすべてを乗せることは、善そのものが問われない以上は、難しい。善はつまり真理としての絶対性を認めていることにはならないだろうか。期しくも、アーレントが嫌った意味での哲学的な真理の絶対性と何か異なるだろうか。活動(action)は解体され続ける。日常の対話以外のそもそもの人間が複数いるということ、誰かに差し向けつつ、差し向けられているという”人間の複数性”(アーレント)状況、もっと言ってしまえば一人の人間が現実に存在しているということだけですでに暴力である。さらに加えて暴力存在も同様に暴力に要請されている。という二重の構造になっているといってよいと思われる。それは存在者の構造上、つまり存在の根源としてそういった構造を持っていると言わざるを得ないように思われる。

つまり、ナンシーのいうような「またひとはけっして共同でしか「一つの声」(一つのエクリチュール」)たりえない。

 

特異性のなかで、共同体の文学的体験 -つまり与えられ、賭けられ、誓われ、捧げられ、分有され、放棄された、エクリチュールの、声の、ことばの、「共産主義的」体験- が生起する。ことばというものは、その特異性に応じて共同体的なのであり、共同体というおのれの真理に応じて特異なのである。    

            無為の共同体 / ジャン=リュック・ナンシー  以文社  p134

 

 

従って、それぞれの存在者の最大の"コナトゥス"を"共現前"させることでようやく世界に耳が付けられるだろう。仮にそこから、どんな手や足が付けられるかは、そしてそれらがどのように駆動するのか、何を話し何を聞くのかはやはり同様にわからないと言わざるを得ないが、それでもなお、またk氏と同様に、kk氏のいうような各存在者のなかでの自己欺瞞、自己自身への嘘を辞めること。哲学者としての内在性、two in oneとしての”1”を各人が徹底する以外にないのではないか。

そこにようやく<意見-真理>の"-(空間)"、2(dual)としての1が、世界として現れるのではないだろうか。という以外には。それは決して、全体主義-内在主義に回収されないような場としての。ともかくとして、この3名の登壇者は各々の"外の中"で一致していると思われる。というのは、存在者の暴力性つまり、複数性(一者における”根源的”な”人間の複数性”)を経て、ではどうするかという点である。ナンシーのいう(複数単数存在)として、それからどのような救済の技法がありうるか、或いは3(Trinity)として思考することの可能性。生成される場そのものとして。

 

k氏のいうように「問題は存在(être)の前置詞」である。

 

ともかく、”存在者の根源性(形而上学)”と”政治における決断"の間で振動しているように思われる。それは死に臨む一者の存在と変わりがない。変わりがないとすれば待機・留保でさえも決断であるような決断が下されざるを得ない。複数性を分有する決断。ここを掻い潜るための、実際の、実践の、となるとたちまち、存在者の根源性へと回収されざるを得ないような複雑な構造をなしているが故に、この問題はいつまでも一層困難であるように思われる。

 

そうするとサルトルが出てきてもよいのではないかと思ったが、サルトルは出てこなかった。アーレントサルトルを嫌っていたらしい。しかしなお、この問題はサルトルを引き出す必要があるように思われる。あるいはハイデガーのいうsorgenとしての。

 

Torus-Torus-Torus

 

 このブログの中に「81番目の備忘録」というものがある。

 

 これに限らず、ここに書いてあることは無学、無知、無教養の人間が書いたもの故、

 なんの価値もないだけでなく、一つの正しさも保証されていない。

 第一に害悪である。

 

torus-torus.hatenadiary.jp

 

これは、哲学ないし形而上学について、書かれたものを貼り付け、都度、足していくというものである。故にカテゴリーとして"哲学"と付されているそれぞれのエントリーの全てはこの中にある。何れ編集したいと思っているが膨大になるにつれ、編集の機会は遠ざかる。誤字も多ければ、文章的におかしな部分、今はそう思わない部分、考察的におかしな部分、そういったものがそのまま残っている。

そのため、これは原本として残し、かつそのまま続けたうえで、これとは別にこれをまとめたものを、新たにつくりなおす必要があるとずっと考えているが、それは遠い。

 

いずれにせよこれらは、同じものへ向かって書いたつもりである。

それが要請であり、限界だった。

存在者の消滅に向かって書かれた。

というより、"私"は既に消滅していることの証明に向かって。

あるいは、生成の消滅の証明に向かって。

もっといえば、全ては既に終わっていると。

ただ、全ては未だ到来しないに過ぎないというだけのために。

 

これがどのように閉じられるのかはわからない。

なんせ、これは既に閉じられているのだ。

 

 

このブログ に「Torus-Torus-Torus」という名前を付けた。

トーラス。円環。

という意味で。

何故3つのTorusなのかということについては直観としか言いようがない。

 

Torus-Torus-Torus

 

主体-関係-客体

 

恐らく一つの流行でしかない。

 

 

 

内的体験

バタイユの内的体験について、もう少し沈黙されなければならないような気がされたため、エントリーは取り下げられた。いかんせんここに書かれた不十分なある問いが発せられた地点は、読まれたのがそこに差し掛かったところであったためである、ということが赦されるかは別として。兎に角、今漠然と去来されたのは、恐るべきエネルギーでこれが書かれたであろうということである。これが読まれたとき、人称を破壊するために書かれた書物のように思われた。

ここでこの文章からなんらかの違和感を感じとられたならば、それはこの書物を読まれた結果だと思っていただければそれは概ね正しく、また、常々の思考が考えられたことと符合された結果でもある。繰り返されるならば、これが読まれたとき、存在を破壊するために書かれた書物のように思われたということである。

 

 

敢えてここでデリダを参照されたが、デリダは殆どそれに達している。

微妙なニュアンスの中でなお、それは”すでに”到達されているといってよい。

「天国は地下 真冬の夜の底」

 

踊ってばかりの国 / 2017_8_31

 

何年前か、代官山UNITで観た踊ってばかりの国

初めて観たときの彼は金色に染められた長い髪を揺らしながら、殆ど啓示にも似た唄でまるでキリストのようだった。衝撃的だった。今日、この場所で、あの時と同じように、違うように、林さんは居なくなって編成は変わっても、彼はより生に近く、全てに寄り添うように力強く存在の全てを賭けて、「生きるぞ!」と言わんばかりに、光を唄っていた。それは去年のキネマ倶楽部で観たときも同じことを感じた。何より数年前のあの時よりも彼は生きている。多分数えきれない哀しみがあったように見える、その前からただでさえそうだっただろうと彼を見ていて思う。それでも彼が楽しそうに唄っているのを見ていると全ての怒りや哀しみは癒えて気が付くと僕も殆ど泣きそうになりながら笑顔になっていた。思えば彼らのライブはいつもそうだ。哀しみの底から救い出したような言葉やメロディを描ける人が、普通あんなに楽しそうに嬉しそうに唄えるはずがない。それでも殆ど存在の燐光の中で、彼は本当に音楽を信じているのだと思う。何より彼自身が多分観客の誰よりも一番にステージの上で音楽を楽しんでいる。どんな景色も楽しんでやろうと。「夏に勝ったぞ!」とか「ここにいる俺たちの勝利だ!」とか叫んだり。彼はずっと良い意味でのイノセントであり続けていた。普通の人が諦めて道に捨てて行くものを彼は絶対に離さなかった。最後に「それで幸せ」「言葉も出ない」を唄える尊さ。「evergreen」「唄の命」「Boy」「バケツの中でも」を聴けて嬉しかった。

 

 

みんなが求めた自由の唄に形がないのなら

ときめく心は大切に 心を大切に

メランコリックワールドにおいでよ evergreen night

天国は地下 真冬の夜の底

 

 

涙と笑顔のその間で人知れず揺れて笑うあなたと

 

 

それを見てつい数日前ほとんど絶望にあった僕はまだ生きたいと思ったし、強くならなければならないと思い出した。

 

ロシア語と白黒の写真でデザインされたブックカバーとナボコフの「青白い炎」に今日のチケットを折って栞みたいに挟んで、誕生日プレゼント、なんて馬鹿みたいに洒落た友人に感謝している。キネマ倶楽部絶対行くぞ。

 

 

映画16

 

なんか映画観たいが何観ていいかわからないのでこのリストをゴトリと置いておくことによって、取り敢えず人間を以下四つに分断したいと思う。

・「俺もわからん」人

・「あれがねぇぞ糞野郎」人

・「何それ観てみる」人

・「興味ない」人

 

 

好きな映画16

 

気狂いピエロ

・他人の顔

アンダーグラウンドエミール・クストリッツァ

・あやつり糸の世界

奇跡の海

ホーリーマウンテン

・さらば、愛の言葉よ

・掟によって

・アルファビル

・アタック・オブ・ザ・キラー・トマト

アンチクライスト

砂の女

レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ

・ベルリン天使の詩

・ガス燈

・イーダ

 

 

窓を閉める

 

先日の話の続きを書く前にいろいろあったので書こうと思う。

あまり詳しくは書けないが、仕事を辞めようかと思っている。

本当に辞めるかはわからない。僕にはできることが殆ど何もない故に。

もともとこの仕事に何の興味もない。続けていれば何らかのやる気や面白さなどがわかるかと思っていた。そんなものを仕事に求めるのは間違っているのかもしれないが。

多くの場合、知能があればこういったことは段々とわかってくるものらしいが、僕には知能がない。

 

普通の人間にならなければいけないとあの時からずっと思っていた。

私は普通ではない。私は良い意味での普通でない人、つまり、何か特殊な感受性であったり、そういった他の人間にない特別な能力や技能を持っていたり、そういった意味で、良い意味での普通ではない人間だとか、そうは全く思わない。ただただ普通の人間よりもすべての能力において劣っているという意味で、私は普通の人間ではなく、普通の人間になることができないという確信がある。大学などに行けば違ったのだろうか。私は大学に行ったことがない。高校も偏差値は50に満たない高校だった。勉強においてわからないということが本当に苦痛だった。何故わからないのかということがわからない。殆ど多くの場合わからないことはわからないままに死んでいった。わからないことに向かい合う力がなかった。それは今も変わらない。きちんと勉強して大学へ行って文章の書き方を学んで、文献や資料の読み方を学んだり、他者と協力しながら作業をしたり。そういったことが出来ていれば、この私にもせめて少しでも違った景色があっただろうか。そんなことを考えても無意味だ。

 

全てがどうでもよいという気持ちと、何とかしなければならいという気持ちが数分毎に私の部屋の窓から入ってきては出てゆく。数年間この風に晒され続けた感情は気が付けば破裂して部屋に零れていた。私はそれを封じ込める力を持ってはいなかった。そんなのはわかっていた。

 

少しの心理テストと問診。一本の木の絵を描かされるバウムテスト。

例えば、精神科に足を運べば、意図も簡単に適応障害を診断されることが可能である。

どうすればそのような診断を下されるかも知っている。すべてが馬鹿馬鹿しくなり精神科に行った。私は一個の適応障害だそうだ。正直に言えば、こういうことをしてしまう(通常の理性があればこういうことはできることがわかっていてもしないという意味で)こういった自分が恐ろしくて仕方がない。苗字を選んだ18年前のあの時から僕は僕がすでに壊れていることを知っている。

 

喫茶店の誰もいない喫煙室でこれを書いている。

雨粒と外気との差異で曇った窓の隙間で、

濡れぬようにと慎重に、輪郭を失った雨傘が歩いている。

 

今はただ僕のような人間がこれ以上増えないことを、

僕以外の僕のような人間が少しでも幸福の日に当たることができるように祈っている。

 

 

京都0815_16_17_2017

 

【京都】

 

※はじめに

3日分まとめて書こうと思っていたが長くなり体力が尽きたので、

途中ながらアップロードすることに。初日分。

残りの二日分はこの頁に加筆・修正していきます。

こんなことをしていたら連休が終わってしまう。。。。つらい。。。。

 

【現状】_2日目途中_最終更新_22:19

0820_21:45【】現在書いておりますが、連休が潰える明日からのすべてが嫌すぎて京都に帰りたい故かただただ記憶が遠くなる故か感想が雑になっていく。

 

 

f:id:torus-torus:20170819022046j:plain

----------------------------------------------------------------------------------------------

2017年 8月15日

人生初の京都。 

新幹線で京都へ向かう。

駅に降りて、京都を見つけるのにかなり時間がかかった。

新幹線を降りて駅の構内を出たのは八条口だった。八条口に降りて、あれ京都ってこんな感じだっけというくらいにはまぁまぁ閑散としていて、ちょっと不安になった。(失礼)

 

最初は東寺だった。受付で通行料を払って、大きな樹が目の前に現れた。

不二の桜。無論時期ではないため、深緑の葉ではあったが、庭に突然と一本、人工に支えられながらも枝が垂れている姿というのはなんとも異様で不気味なものだった。

 

 

f:id:torus-torus:20170818211634j:plain

 

少し歩いて、右手に寺が二つあるのを飛ばして庭園の中を奥へ進む。

 

水面に浮かぶ苔?と裂開する水面と鯉。

f:id:torus-torus:20170818213845j:plain

 

東寺の五重塔があった。

茶黒く厳かな重さを備えている。

なんとも奥行のあるものだった。

産まれてから殆ど全てを東京で生活しているために意識にのぼることがなかったが、東京の建物のほとんどは二次元化された平面に張り付かざるを得ない。恐らく都市がそのように見える理由がある。都市のファサードは背景が存在しないというより、すべてが背景化している。つまり建物と建物の間の間隙が殆ど存在しない故に家やビルですら対象ではなく限りなくすべてが背景と化している。無限の情報量は、全てを背景化する。この五重塔だけでなく、京都のいわゆる有名な観光名所といわれる寺や庭のファサードは、巨大なミニマリズムといってもよいと思う。巨大なミニマリスムという言葉を使ってみたが、これは矛盾するものではないと思う。究極的にミニマリスムというのは質量や大きさ、角や奥行きなどの多量な情報量をそぎ落とすことなく、表現することができる。視線の中に対象物が一つ、それしかなければそれはミニマリスムとして成り立ち得る。ミニマリスムというのは本来奇妙なものだと思う。自然は対象物一つ、それしかないということが殆どできない。すべてが背景化しているからである。そういった意味で言えば究極的に都市化(多量な情報量)を推し進めると、人工ではなくむしろ全てが背景となり自然となる。すべてが背景に等しい。対象物が一つあるというのは殆ど人工的に作為的にしなければ現れることがない。それは対象を決めてみるとか、敢えて意図的にそういったことをしなければ現れない。都市はすべての建築物をそのように意味として敷き詰めたが故に、むしろすべてが前面に迫り出し対象が消える。ミニマリスムは一種のシュルレアリスムのように、不気味に背景から対象が浮き上がる。

 

f:id:torus-torus:20170818212545j:plain

 

f:id:torus-torus:20170819015019j:plain

f:id:torus-torus:20170818212818j:plain

 

東寺金堂の中に入り、腰を掛けて、暫くの間、七仏薬師像と左右に仕える二体の菩薩を眺めていた。東寺講堂に移り21体の仏像を見る。

 

東寺を出てから、東本願寺の門を潜ったが、砂利道を歩き通り過ぎる。

暫く歩き、京都駅の方へ戻る。

京都駅 鳥丸口に出た。気分的にはステレオタイプ故に八条口ではなく、烏丸口京都タワー側)に出てようやく京都に来たという実感を得た。(失礼part2)

 

 

14時のチェックインの前に少しだけ時間があったので下の喫茶店でコーヒーを飲み、一息入れてホテルに到着。幾つかの情報があるが気にしないことにする。とても落ち着いていて綺麗なホテルだった。禁煙部屋。

f:id:torus-torus:20170818220007j:plain

 

ホテルは京都市下京区四条通である。

四条通は若者の街ではあるが、雰囲気は東京でいう銀座みたいなものだと思ってもらえばよいと思う。

 

金閣寺の場所を調べて、その方面まで歩く。

何故バスに乗らないのかと言われると、タイミングが合わなかった。何処かで乗れるだろうと思ってずっと歩いていた。

 

途中、少し雨が降ってきてコンビニで傘を買う。店員のおばさんに「雨降ってきた?」と聞かれ、「パラパラと降ってきましたね。」と答えた。「天気予報当たったね。」と言われ、気の利いたことも言えず「そうですね。」というのがやっとだった。お金を払い傘を受け取り「ありがとうございます。」と言って外に出ると、少しだけ雨脚が強くなっていた。

 

四条大宮駅まで歩き、京都で初めて電車に乗る。電車と言っても二両編成の路面電車。車両の前と後ろの二点にしかドアがないため椅子は長い。四条大宮から西大路三条までわずか二駅。降りて再び歩く。ここからが長かった。そのあと益々強くなる雨の中、金閣寺まで歩いた。西大路通は長い。金閣寺まで直線に歩く。緩やかな坂になっている。漸く金閣寺付近まで来て金閣寺の入り方がわからず道を間違える。敷地内に入り少し上を見上げると塀の上から金閣寺鳳凰が見えた。通行料を払う。海外の観光客がとても多く、騒がしかったが、それを抜きにしても金閣寺を観て何か巨大なエネルギーのようなものは感じられなかった。それでも写真にはよくうつっていた。

f:id:torus-torus:20170818232501j:image 

上手く写せなかったが金閣寺よりも、その裏に突然現れた「安民澤と白蛇の塚」の方に惹かれた。

f:id:torus-torus:20170819002633j:plain

 

金閣寺から四条烏丸まで再び歩いて戻る。

 

f:id:torus-torus:20170819012428j:plain

 

アオサギが居た。

 

その後は四条通りをうろうろし特になにもせず、17時頃ホテルに戻る。

着替えて祇園を歩いたりしましたが、写真は特にありません。

夜の四条通りで寂しさを得る。

21時頃ドトールに入り休憩。その後も特に何もせず、近くで遅い夕食を取る。再びホテルに戻る。受付にて「煙草を吸えるところはありますか」と伺ったところ「ホテルは喫煙可能な部屋以外は禁煙です」ということだったので、近くの煙草屋で喫む。

再びホテルに戻り風呂に入り就寝。

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------

8月16日

 

余り寝付けず8時起床。

銀閣寺」「南禅寺水路閣」「哲学の道」を観たい。

取り敢えず、下の喫茶店に入る。

昨日は相当に歩いたので今日はバスに乗るぞと決意する。

 

四条通のバス停から銀閣寺行きのバスを見つけて乗車する。

バスの料金は230円。

京都の有名な観光名所に行くならば、殆ど230円で行ける。

一日乗車券を買えば500円で乗り放題。

 

銀閣寺道で下車。

哲学の道を歩く。

すぐに終わるかと思っていたが、哲学の道は長い。

哲学の道は民家と公道に挟まれながら続く。

ちょっと行けば終わるかと思っていたので、銀閣寺へ延びる道を曲がらずに進んでみたが調べてみると終わりそうにないので、引き返して銀閣寺へ向かった。

哲学の道の途中、西田幾多郎の詩が刻まれた石に出会う。

  

人は人、吾はわれ也、とにかくに吾行く道を吾は行くなり 

 

f:id:torus-torus:20170819170251j:plain

 

 

西田幾多郎という人がどの年代の人なのかといえば、「ハイデガー」と「フッサール」「ベルクソン」の間に位置する1870年生まれ。つまりハイデガーは1889年であるからハイデガーよりも前の人である。「善の研究」が1911年。「存在と時間」が1927年。

この道の周辺に西田幾多郎田辺元などの哲学者や文人が住まうようになった。

後に西田を中心として西田哲学に影響を受けた哲学者を(新)京都学派と呼ぶようになり、西田はその創始者ということになるが、新カント学派ほどの意味しかない。

西田の「善の研究」を少し捲ると、「統一」「純粋経験」という概念はカントの「超越論的統覚」によく似ている。或いはベルクソンの「持続」の契機としての「統一」。知覚あるいは自己においてこれ以上分割できないものとして置かれている。西田は主/客の対立を嫌う。ここまで書いておいて念のため断っておくと状況はもっと入り組んでいる。また、西田のいう自由とは希望のある状態でもなく、何か非制約的に純粋に自由というのは在り得ないといっている。むしろ没我の状態。寝食を忘れて没頭している状態。そこに没頭しているとき。何らかの対象に無心にのめり込んでいるときこそ自由であるということを書いている。「善の研究」がよいのは、12章「善の動機」と13章「善の目的」である。西田/ハイデガースピノザに近いと思われるが両者共にスピノザの因果を排除しているが、彼らがそこまでいって何故そうなるのかよくわからない。

 

 

それはそれとして、銀閣寺に向かう。

銀閣寺の庭や裏山を含めて、金閣寺よりも銀閣寺の方がやっぱりよかった。

 

銀閣寺に入る。

この写真に写る向月台はやはり不気味だ。

 

 

f:id:torus-torus:20170820201336j:plain

 

庭師さんがダリの絵のあれみたいになっていて気に入っている。

 

f:id:torus-torus:20170820202155j:plain

 

 

洗月泉

f:id:torus-torus:20170820202411j:plain

何か立札があって言及されているわけではないが、この二本の樹はとても印象に残っている。なんなのだろう。明らかに切られたのではなく折れている。

詳細を知る人がいれば教えてほしい。裏山の道の途中に現れる二本の樹。

f:id:torus-torus:20170820205608j:plain

 

f:id:torus-torus:20170820202543j:plain

 

銀閣寺のお土産屋さんで冷たい抹茶を飲んだ。 

とても甘くて美味しい。

f:id:torus-torus:20170820202649j:plain

f:id:torus-torus:20170820213233j:plain

 

この「抹茶愛す」というのも甘くて美味しかった。氷でキンキンに冷やされていた。無糖と甘いのがあったが、無糖が美味しい。坂道の途中のアイスクリーム屋によく売られているっぽい。2日目と3日目に出会い、とても助かった。何れも「高級な甘さ」という感じ。

 

 

銀閣寺を降りて哲学の道を再び歩く。

永観寺に寄った。お寺の写真はないが頗るよかった。

f:id:torus-torus:20170820214504j:plain

永観寺の横に居る、「滝に打たれているように見せかけて打たれてない像」

f:id:torus-torus:20170820214831j:plain

 

哲学の道に再び戻り南禅寺水路閣へ向かう。

 

現れた。南禅寺水路閣

f:id:torus-torus:20170820221618j:image

 

 

f:id:torus-torus:20170820215458j:plain

f:id:torus-torus:20170820215137j:plain

f:id:torus-torus:20170820215207j:plain

f:id:torus-torus:20170820215241j:plain

水路閣というからには橋の上は水路になっている。

f:id:torus-torus:20170820215638j:plain

 

 

count