詩片

秋への転移

こういった形で書くということをここでは避けて通りたかったのだ。だがそんな偉業を成せるほど私は何も知らず、今から書くことなどは幼い子供がロウソクに向かって吹いた息のように、火を消すには余りにも頼りなく、燃える盛る赤色の手前で力尽きてしまうこ…

詩片1

沈黙が呑んだ銃弾が 永遠に還るとき 流れる血は青かった 恍惚の夜 反射した慟哭が 嚮後の岸辺に突き刺ささば 融けだした永遠が空に零れる