詩片1

沈黙が呑んだ銃弾が

永遠に還るとき

流れる血は青かった 

恍惚の夜

反射した慟哭が

嚮後の岸辺に突き刺ささば

融けだした永遠が空に零れる