サルバドール・ダリ

 

昨日はダリ展に行ってきた。

ダリは1926年にダリになる。

 

最初に断っておくと僕は美術について、絵画について、何かの知識を持っているわけでも、絵を描くこともできない。

 

 ダリがダリになった。

僕がそう感じたのは「巻き髪の少女」というタイトルの絵を見たときだった。

1926年に描かれたこの絵からダリの絵は明らかに立体的になる。

今回のダリ展で壁に掛けられた絵を順番に追っていく。

すると、この絵が突如現れた。

極端に背景と物体が切り離されている。

背景と物体が似つかわしくない、溶け合っていないというわけではないのであるが。

 

ダリがダリらしいのは背景と対象物である物体との境界線、物体と物体の境界線にあると思う。

はっきりとそれらが切り離されている。

別々に書かれた絵をうまく切り貼りしているように見える。

 

ダリは「一つの絵」という印象よりも対象物をそれぞれに配置しなおし、それをそれとしてそのままにしておく。そしてそれらを結合した時に「一つの絵」となっている。

 

アンリ・ベルクソンは我々は何かを認識するとき、その何のある部分を順番に認識することしかできないということに苛立っていた。つまり、全体としてそれをそれとして、そのままに認識することができないということに。ベルクソンは分割不可能なものとして音楽のメロディーというものを参照する。分割不可能なものとして。音楽のメロディーというものはそれを分解してみても音としてあるだけで、メロディーの意味を取り出すことができない。何かのメロディーを思い浮かべるとき、時間の力を借りなければ、つまり順番にメロディーを辿るのでなければメロディーを認識することはできない。メロディーはある部分から部分の流れとして、認識するのでなければそれはただの音に過ぎない。音楽家というのはよくこの落とし穴にはまってしまう。

 

そういった意味で、ダリはメロディーとは真逆の絵を描く人であろうか。

恐らくメロディーを作り上げる上で彼はまったく常人には思いつかない方法を取っているような気がする。分割と統合を繰り返した末に、ダリは描く前に一個の巨大な絵を見ている。

ダリは対象を一つとして捕らえることを人間ができないということをよく知っている。

ダリの絵は他の絵画よりも絵を分解している。ダリの絵を視るとき、全体を捉えるというよりも、それを一つ一つ細かな部分を別々に視ることを要求する。

ダリの絵を「一つの絵」として、つまり全体として捕らえることはとても難しい。

何かがあって何かがあるからこれがある。というような論理的作用を常に解除する。

しかし、それでも尚この絵が、一つの優れた絵以外の何物でもない、この統合の力は一体なんなのか。

 

1923年の「キュピズム風の自画像」なども確かにシュールレアリスムとしての機能を十分に果たしているとても素晴らしい絵である。音楽で言えば「ノイズ音楽」として君臨している。しかし、それは抽象の域をでることがない。

 

「巻き髪少女」についてもう少し、述べるならば、巻き髪の少女の郷愁である。

あの絵を見たとき、旅に出る少女が最後に故郷を振り返った瞬間だろうか。

ある種の故郷との決別。連結の解除。そういった意味でもこの絵は、ダリがダリである境界線となっていると思う。ダリはこのころから徹底的に意味を見ている。

 

もう一つ、ダリ展で感じたことは、澄んだ青空のことである。

ダリはよく青空を描く。

あの青空だけを見ればとてもきれいで純粋な印象を受ける。

しかし、ダリはそこに奇妙な連結の失敗のような対象物をそこに配置することによって、一挙に不気味さに変わる。不気味なほどに住んでいる青空。

あの青空と対象物は乖離し、その乖離が僕らにより不気味な印象を与える。

一種の葛藤として現れる。その時、あらゆる物体を繋ぎ止めていたものが解除され、分離されてゆく。しかしこれらを尚も「一つの絵」として繋ぎ止めているのは、絵の色調であるかもしれない。ダリは色調のみで、これらをぎりぎりで繋ぎ止めている。それもある確かにある。しかし、そういった技法的な何かでない、根源にある葛藤を正確にそのまま表出するということ。恐らくダリは殆ど天啓のようなものを聴いており、また見ている。”不気味”というのはなにも暗い色、暗いイメージだけからなるのではない。一般的に不気味さやホラーというものは暗がりの中から現るのではあるが、それは一つの一般的イメージにすぎない。これが多数である。しかし、それとは反対に白からなる不気味さ、というものがある。なかなかそういったものに出くわすくとがないので、僕らはよくそれを忘れている。それだけにダリの絵はより一層不気味なものとして目の前に立ちはだかる。

 

僕が思う優れている作品というのは、圧倒的な絶望のなかで、崖の淵で、追い込まれていることをわかっているのに、それでもなお笑っているような作者が見えたときである。

 

ダリは明らかに「連結への解除」を欲している。

「繋がっていること」を拒絶している。

しかし、本当はどんな分離も我々に一つの意味として、そこに確かにあらざるを得ない。

ダリはそういった連鎖の解除をしても、どうしても連鎖するこの現実に、

絶望の中で笑っているのである。

 

そういえば、Cocteau Twinsの「Bluebeard」という曲はダリの描く青空に似ている。

タイトルBluebeard、青い口髭。

 

 

www.youtube.com