2018年

 

明けましておめでとうございます。人間はメタ時間により年を越します。 最後まで改行なし。タイトルに反して2017年の簡易な振り返りが主。 年明け最初に観たのがyoung magicで、ずっと待ってたのですが、ようやく。狭いだろと思ってたのですが、やっぱり狭くて、もっと大きいところでやってもと思ったのですが、その閉塞した場がなんともいえぬ彼らの呪術感と解けており、開始早々、メラさんが両手を前方に上げて、手の裏を返して、空間を裂くように、また、虚空を貫くような眼光であの音と映像なのだから、滾る以外の道は途絶えたのだった。今年も1月28日に来日するそうなので、行ける方はぜひ。僕はもう一つがあるので今年は観れない。残念。あとは二つの哲学のシンポジウムに行けたのは大きな収穫かなと思います。僕みたいな素人でも参加できるシンポジウムがこうして開催されていることが嬉しい。今年はピエール・クロソウスキーのあれがあるそうなので、ひょこっと行こうと思います。ブログでも書きましたが、夏の休暇で一人、京都に行った。なぜか修学旅行などでは京都に行くことがなかったので、人生初京都となりました。全部書きたかったのですが、なんだか途中で書けなくなってやめてしまった。とても良い旅でした。記憶が少しでもあるうちにいつか3日目を書きたいと思います、、、。あとはブログに書けなかったのですが、大好きなslowdiveを観ることができた。高校生の頃、二枚目のアルバムのsouvlakiに衝撃を受けた小生はそれこそ擦り切れるくらいずっと聴いていた。僕にとって彼らの音楽は天界の音であり、何処までも天空を貫く音だった。再結成してから、もしかしたらといつかと思っていたのですが、フジロックで二度来日して、なんで単独公演がないんだと嘆いていたのですが、ある日渋谷駅の入り組んだ地下の構造を通っていたら、slowdiveの単独公演のポスターが貼られていて、視線に入った瞬間に感極まり、僕はちょっと泣きそうになっていた。ポスターはメンバーのアーティスト写真なんだけれど、なんか家族写真というか全然覇気がないんだけど、slowdiveの全てを包むような優しい空の音のようでありなんだかほっとしたのだった。最高だった。なんだかあまり語ると逃げていきそうなので、取っておこうと思います。あとはいろいろありましたが、そのいろいろは僕だけが。後はほんの少しでも力になれれば。今はヴィトゲンシュタインフッサールを読みなおしています。クリスマスだろうが、正月だろうが読んでいます。敬虔です。書けるかわかりませんが、近いうちに、ちょこちょこ書いていこうかなと思います。足し引きして毎年変わらず虚無のような気がしますが、気のせいだろうか。今年は誰の眼に映っても良いことがあるといいなと欲に塗れておる。どうやったらそうなるかよくわかりませんが漠然と、2018年はもうちょっと学的になれたらなと思います。仕事のことを書かないのは相変わらずシンドイ以外の感想がないからです。。。年明け早々忙しくなりそうで、もう勘弁。このままでは虚無こそが普遍であるというのが人生のあれになってしまうので、なんとかせねばね。。。すべて、粛々と。

 

f:id:torus-torus:20180102035210j:image