日常性8

 

僕は人間になれなかった、僕は死ぬべきだ